前回からの進捗

<前回>

もう強制的に悩むことをやめればいんじゃね?

<その後>

いや、それできたら苦労しねえよ。

強制的にシャットダウンすると自分の気持ちを抑圧して逆に良くないんじゃね・・・

結局これもだめかあ。もう正々堂々向き合うしかないなあ。

 

(ここでまとめサイトを見ているときに悟りのスレを見つける)

 

そうだこれだ!悟り開こう!

とりあえず悟りってなんだ?本読んでみよう

(「ニューアース」「さとりをひらけば人生は楽になる」の2冊を読む。)

悟りってこういうことか!前仏教をちょっとかじったけど、それとつながる部分があるな。

そっかあ、人間は思考と同一化してしまって、それを自分だと思ってるけど、本当は違うんだな。思考を止めることで、この幻覚から目覚めることができるのか。だから仏教でも瞑想して思考を止めろっていってたんだなあ。無我ってそういうことかー。すべては一つなんだなー。まあ頭では理解したけど体感しないと意味ないな。よし、これからはエゴに気づいて、それと同一化しないように気を付けよう。そのために自分の思考を観察していこう。

すごい気持ち楽になったけど、あれ、これって就活から逃げてるだけじゃね。

結局何が変わったかというと、だらだら過ごすようになって、それをまずいと思わなくなっただけ。なんかただのクズ人間になってるだけじゃね。

結局悟りを開くなんて無理なんだ。楽になったのは悟りを開いたからじゃなくて、就活をやらない理由を作れたからなんだな。また振り出しかあ。

まあそれすらも思考だなあ、エゴなんだなあと思えばいいのかな。悟りを究極的につきつめていけば、何か見えてくるのかなあ。

ああ就活をすべきなのか。でも就活してると辛いし、辛い人生なんて嫌だし、今楽になりたいんだよ俺は。なにかがおかしいんだよ就活してて辛いってのは。やっぱりエゴがあるから辛いんだろうなあ。しっかり就活と向き合って観察していくしかないのかもしれないな。

 

こんな感じで、ほとんど就活は進んでません。。。

ただ、前向きになれる時間は増えているかもしれない。

悟りという新たなツールを手に入れたからかな。

 

まあこうして自分の過去を振り返ることにもあんまり意味はないんだろうなって思いますね。

 

 

 

 

悩まないって難しい

悩まないって難しい。

悩まないということがどういうことなのか考えてしまう。

悩まないようにすると考えられなくなるのではと思ってしまい、そこでもまた悩んでしまう。

どこまで考えて、どこまで悩まないようにするのか、線引きが難しい。

 

でも悩まないということを最優先に意識すると、必ずどこかでストップをかけてくれるのがいいところだと思う。どんどん連鎖的に考えてしまっている自分に、あ、今悩んでたって気づけるようになる。これを意識し続けると、究極的には悩まないことが可能になるんじゃないか。

 

ただ一つ怖いのは、考えなくなることだ。考えないようになると、本能にしたがってしまい、楽な道を選んでばかりで、何も成し遂げられなくなるのではないかと思う。それは嫌だなと思う。

 

まあ自分は考えすぎなところが問題なので、まずは荒療治かもしれないけど悩まないことを最優先にする。

悩まないなんて簡単じゃん。

僕は自分の考えを変えようと努力してきたつもりだった。

「嫌われる勇気」を読んで、相手にどう思われるのかを気にするのをやめよう!!って思ったり、完璧主義すぎるから、完璧を求めるのをやめよう!って決心したり。

普通に考えて、こんな浅い考えがうまくいくわけがない。しかし僕は、決心したときは本気でうまくいくと思っているし、モヤモヤがなくなって心が軽くなるのだ。そしていざ何かに取り組み始めると、うまくいかないことに気づく。そして、結局だめだったなって落ち込む。ここで、何がうまくいかなかったか?どうすればうまくいくのか?というのを考えればいいのだろうが、うまくいくと本気で思っている分落ち込みも大きく、そんな気は起きないのである。こんなことを繰り返しているから、何をしてもうまくいかないんだという印象がついてしまって、とうとう自分は結局変われないのかと考えてしまうようになった。

そこでさっきまでネットで、「人 変われない」で検索して調べていたのである。僕はいつも何かに詰まったり悩んだりすると、ネットで解決方法を探るのだ。自分で考えなきゃなーとも思うが、自分で考えるのってなかなか疲れるもので、とくに落ちこんでいるときには難しい。そこでネットのライフハック系記事を見ながら気づいたのだが、自分がどのように変わりたいのかを具体的にイメージできていないのではないかと思った。現状はこうで、理想はこういう風になりたいといったように、言葉に落とし込めるほどイメージできていなかった。つまり、自分がどうなりたいかわからずにとりあえず変わりたいと思っていたのかもしれない。これでは、結局うまくいかないなって思ってしまうのも無理はない。そもそも何がうまくいけばいいのかすらわかっていないのだから。

 

今日は、考えすぎても何もいいことはないと思って、考えないようにしようと思った。そこで、考えないためには、自分が何を考えているのかを知る必要があるなと思った。そのために、自分の思考を常に客観視しようと思った。ああ自分はこういう風に考えているんだーって感じで。でも、なかなか常に意識するのは難しいと感じた。特に、人の話を聞いているときとか。人の話に集中なんてできないし、聞いてないと思われたらどうしようとか考え始めて、焦り始めたりもした。焦ってたから、さらに自分の思考を意識することが難しくなっていった。焦ってることも客観的に見れたらいいんだけど、なかなかそうもいかないみたい。とにかく、客観視は結構難しいことがわかった。そして、考えないようにして生きようというのも難しい。客観視ができたところで、考えないようになるわけじゃない。

自分の中で、話してて調子が良いときというのがある。そういう時は、話したくてうずうずするし、テンションも高い。軽い躁病なのかなとも思ったりする。そういうときはすごい気持ちがよいし、ずっと続いてほしいと思う。しかし、それは寝たら戻ってしまう。そして再現しようとしても無理だ。こういうときになるのでは?といろいろ試してるけど、そうなるときの共通点があまり見つからない。ずっとその状態でいたいなあとすごい思う。そうすれば楽だし、何に対してもやる気がわくし、成功する気がする。

 

結局自分が求めているのは、毎日を楽しく生きることだと思う。夢なんかいらない。将来どうなりたいかなんてない。辛い思いや、嫌な思いをしたくない。悩まずに、今を楽しく生きる。それだけ。そうなるにはどうすればよいのか。

 

躁状態のようなものを自分から作りだしていくのは難しそう。そんなことできたら人生何も怖いもんなんてない。それよりも、少しでも不安や悩みを解消していくことを考えたほうがよさそう。もしくは、自分に足りない部分ばかり注目しても辛いから、良い部分を伸ばすことを考える。でも僕はどっちかっていうと、悩みがあるとそれが気になって何もする気にならなくなるタイプだから、悩みを解決するほうがいい気がする。

 

今ある悩み

・友達がいない。本音で話せる人がいない。

・親と話せない

・自分に自信がない

・友達と比較して自分に劣等感を感じる

・元カノのことを思い出して辛くなる

・プライドが高いくせに能力がない

・就活がうまくいく気がしない

・自分の就活が正しいのかわからない

・就活に力を注ぎきれない

・何もうまくいく気がしない

・何をやっても続かない

・ネガティブ思考がとまらない

・ES書きたくない

・完璧主義すぎる

 

まとまらなくなってきた

悩みをグルーピングしてみよう。

 

 

悩みの本質をとらえられているか?

 

 

いやっほをおおおをおおをっををををお悩むのをやめるぞおおおおおおwwwww

俺は馬鹿になるんだwwwwwwwwwwwww

いやそもそも悩んでいる奴は馬鹿だwwwwwww悩むことに意味なんてないのにwwwww自ら苦しんでるwwwwもうあほかとwwww

 

という結論に至りました。いろいろ端折ったけどそういうことです。

たぶんこんなに時間をかけても解決しないことは僕には解決できないのです。

しかも悩みは次から次へと振ってきます。終わりがないです。悩まないようにするしかないのです。そのためには、強制的にシャットダウンしちゃうんです。

いや、それができたら苦労しないよとかいう考えも一瞬でてきましたが、それすらも考えないようにすればいいんじゃないですかね。そうしてくうちに、悩まなくなってくるんじゃないですかね。

悩みが浮かんで来たら、はい、悩まない。もうやっちゃお。でいいと思うんですね。

ああでも何やればいいかわからないときは?っていう悩みも今浮かびましたけどね、それも考えないです。はい、悩まない。何やればいいかなんて答えは出てるんですよ。悩んでるのはそれをやるのが怖い気持ちがあるからですよ。はい、悩まない。

 

世界は単純だ。

 

終わり。

 

 

クソ病んでいます。

就活でクソ病んでいる。

なんでこんな悩んでいるのか、わからなくなったので一度整理したい。

そもそも病み始めた原因はなんだったのだろうか。

ESが全然はかどらなくて、やりたくねーって思って、やらずに逃げていた。

まずいぞ、やらなきゃって思って机に向かうけどできない。こんな自分を変えなきゃと思っていろいろネットで検索する。現実逃避しない方法、自分を変える方法、自尊心を回復する方法、真面目系クズ克服方法、etc... 調べるだけで全然実践してなかった。メモ書きもやったけどただただ書いてるだけで何も話が進んでいない気がした。とりあえず行動したくないと思っていた。なんでそう思ったのか?行動してもまたうまくいかないと思っていたからだ。自分でもこういう自分を変えたいと思ってるのは、それ自体が現実逃避になっているということはわかっていた。

いや、なんか違う。なんかぱっとしない。俺が思ってるのはこうじゃない。知識だけで推測している。自分の本心がとらえられていないモヤモヤ感がある。自分を変えたいというのは本当だ。いまのままの自分をどうしても受け入れられない。自分はもっとできるやつでなければならないと思っている。就活で妥協してよくわからない会社に入るのは嫌なんだ。だから就活頑張らないとと思ってる。でも目の前のESという課題にぶち当たって、逃げている。そんなに難しい課題なのか?ちょっと踏ん張ればできることじゃないの?その踏ん張るというのがどうしてもできない。確かにちょっと踏ん張ってES仕上げることはできるが、継続できない。ちょっとかけたら、それで満足してしまう。そしてまた逃避して、また自己嫌悪の繰り返しだ。ちょっと踏ん張った自分を認めてあげることができないのか?いや認めているけど、結局継続できないと就活はうまくいかない。昨日と一昨日で、大分時間を無駄にした。このままでは絶対成功しない。だからどうにかしないとと思ってる。そうか、どうやったら継続できるかを考えればいいのか?俺が詰まっていたのはここか。ただこれは結構大きな問題だな。去年はこれで失敗した。1社書いたら満足してしまうんだよな。そして次のES書き始めようという決心ができなくなる。ESというのが自分にとってはとても大変な作業だからだ。自分を過大評価しすぎか。

やっぱり前も考えたけど、失敗したときに落ち込むのではなく、どこまでならできたのか、そして何ができていないのかを冷静に考えて、対策を練ることが大事だな。これさえ徹底できれば、どんな壁があっても、少しづつ成長していけると思う。一気に悩みを解決しようとしたりするからさらに落ち込むんだ。少しずつ目の前の課題をこなしていくことでしか成長はできない。火影になるのに近道なんかねえってナルトも言ってたな。

自分はうまくいかないことがあると、いろいろと他にも原因をつけて、悩みを自分で大きくしてしまう癖がある。そしてもうこんな悩み解決できないというところまで大きくして、もう何をしても無駄だと思ってしまう。そうではなくて、目の前の課題をコツコツこなすことにもっと集中したらいいんじゃないか。自分を一気に変えようだとか、一気にデキるやつになってやるとか、思わないようにしよう。なるべく。

 

まとめ

  • 目の前の課題をコツコツこなそう。
  • 失敗したら、どこまでできたか、どこからできないかを考え、対策を練ろう。
  • 今考えたことだけを意識しよう。いろいろ意識しても悩むだけだ。

ゼロ秒思考

私が何回も試みて、そのたびに挫折している習慣があります。

「ゼロ秒思考」という本をご存じでしょうか。

この本の内容を簡単に説明すると、A4用紙1ページに1テーマ1分間でメモを書く習慣をつけようというものです。詳しい説明は検索して調べてみてください。

私が思うに、この習慣による最大のメリットが、悩まなくなるということだと思います。

みなさん試しに自分が1日にどれだけ悩んでいるのか観察してみてください。例えば今日の昼はどこで何を食べようかなとか、さっきあの人にこういうこと言ったけど、大丈夫だったかなとか、頭の中でぐるぐる同じことを考えている自分がいませんか?僕も今日の朝は、起きるのつらいなあ、でも起きないとまずいなあと20分ぐらいふとんにこもって悩んでいました。すごいバカみたいですが、同じようなことを経験している人はいるんじゃないかと思います。これって考えてるようで考えていないんですよね。悩むと考えるは違うと何かの本で読みましたが、悩むというのは答えを出そうとしていないんです。対して、考えるというのは、答えを出そうとすることです。

 

じゃあ悩まないで考えるためにはどうすればよいかというと、まず書くことが大事です。頭の中だけで考えようとしても、凡人だとたぶん同じところをぐるぐるするだけで考えが進みません。これを紙に書いたり、パソコンで打ったりすると、自分でもびっくりするくらい簡単に解決しちゃったりします。

そして、ここからがゼロ秒思考のメモ書きならではのやり方ですが、1分間という超短い(いやほんと短い)制約で書くようにするのです。人間は時間という制約がないとだらだらしてしまいます。締め切りにせまらないとやらないというのもその一つですね。つまり、1分という締め切りを設定し、その中で絶対に答えを出すぞ、と決めるわけです。これ結構難しそうですけど、やってみると案外できたりもします。

著者曰く、長く時間をかければその分いい考えが浮かぶというわけではないらしいです。やはり時間の制約というのは必要。それを限界まで短くして最適だと著者が考えるのが1分らしいです。

 

ここから私がこの習慣を挫折した理由を語ります。文章が冗長ですみません。。。

①時間を意識しすぎて全然考えが思いつかない

1分で書かなきゃと意識しすぎると、自分でもよくわからない文章になってしまったり、全然かけなかったりします。おそらく、1分で書かなきゃということに意識がいきすぎて、書く内容を考えることに頭が使えていないんだと思います。ほんと不器用です。だからセンター試験の数学も全然取れなかったんだなあ。

②そもそも書く気が起きない。

悩んでいるときに、そうだメモ書きすれば解決するんだろうなあと思っても、それすらもめんどうだなと思っちゃいます。どうしようもないですね。まあ習慣化すること自体にそれなりのエネルギーが必要なので、しょうがないですね。

③メモ書きの環境がなかなか作れない

まず、隣に人が座っていると、見られてないか気になって書けない。結構自分の思ってることを素直に書くので、絶対人には見られたくないです。

あとは、物理的に書けないとき。電車の中とか、紙とペンが用意できないとき。

 

これら3つの対策を考えてみました。

①1分でかけなくてもいいやと思う。

1分で4~6行かつ1行20~30字が理想と本では書かれていますが、これはかなり難しい。最初からうまくいくと思わずに、とりあえず何も意識せずやってみる。でも時間は測って、このくらいのペースだとここまでしか書けないんだなとか、そういうフィードバックはする。

②頑張りすぎない。

習慣化するにはやはり徐々にその状況に慣れていくという必要があると思います。だから最初は書く気がわかなくてもしょうがない。自分を責めない。徐々にメモ書きの時間を増やせていければいいかなぐらいに思っておくのが続けるコツかなと思いました。

③ゼロ秒思考のスマホアプリを使ってみる。

最近見つけて、これはいいなと思いました。ただ問題点は、変換ミスやら打ちミスが気になる。気になるとそこでいったん思考が止まってしまいます。逆に予測変換を使うと紙に書くより早く書けるというメリットもあるんですがね。まあデメリットをあまり気にしすぎず、悩んだらメモ書き!!という習慣をつけるためだと思ってやりたいと思います。

 

①と②は気持ちの問題だな・・・。

 

最後に、僕がこのメモ書きの習慣のすごいと思うところは、これら3つの挫折理由と対策を考えるのにも、メモ書きが使えるというところですね。考えるというすべての基盤になるところに焦点が当たっているので、なんにでも応用がききます。この習慣をものにできれば、今まで悩んでいた時間を考えるという生産的な時間に変えることができる。そうすれば人生をよりよくしていける・・・。そう思って続けていきます。

 

 

ブログ始めました

こんにちは。初めまして。

これから日々考えたことをブログで発信していこうと思います。

その理由は、自分の考えを人に説明することで、自分の理解が深まるからです。

私は今まで自己啓発本やネットのライフハック系の記事をはじめ、人生をよりよく生きるための情報を集めてきました。しかし、情報をインプットすることに偏りすぎたためか、人に自分の考えを自信をもって話せないのです。それを克服しようと思い、ブログという媒体を通して不特定多数の人々に自分の考えを発信しようと考えました。

 

自分の中で理解したつもりになっても、いざ人に説明する段階になると、いろいろとわからないことがでてきます。これは塾講師のアルバイトをしたときに痛感しました。

私は英語の授業を担当しており、生徒に不定詞がどういうものなのかということを説明することがありました。不定詞には①名詞的用法②形容詞的用法③副詞的用法があるので、それを生徒に説明しました。しかし、生徒はピンときていません。あれ、おかしいな。よし、実際に例文で解説すればわかりやすいだろう。そう思って例文でそれぞれの用法を確認しました。すると、ここで自分で気づきます。あれ、そもそもこれらの用法の違いって訳し方だけなのか?そもそも形容詞ってなんだ?

あとで考えてみると、重要な前提知識が抜けていることに気づきました。そもそも形容詞というのは、名詞を修飾するという役割、副詞というのは名詞以外を修飾するという役割があります。つまり、修飾する対象が違うので、訳も必然的に変わるのです。

この経験から、人に説明するつもりで勉強することで、自分の理解できていないところがどこなのかわかる、という学びを得ました。そしてこのときにさらに意識すべきポイントとして、相手がそのことについてまったくわかっていない人だと想定することです。なにもわからなければ、まず語句の定義から詳しく説明する必要があります。すると、自分でもそれをうまく説明できず、あっわかってなかったんだという気づきが得られます。そこで、じゃあ調べようという行動につながり、初めて理解が深まります。

 

今後はこのブログを通して、自分の考えを誰でも理解できるように発信することで、その過程を通じて自分の理解も深めていこうという作戦です。

正直ターゲットも絞ってないし、記事の内容も一貫性がないと思います。

自分の考えを整理して理解を深めるためなので、お許しください。

もし誰かがふとしたきっかけで訪れてくれて、ほんの少しでも新たな気づきを与えることができたらよいなぐらいに思ってます。よろしく!!